2021年の活動

※写真をクリックすると拡大されます。拡大写真の右端をクリックすると次の写真が表示されます。

4月2日

緊急要望書を提出しました。

2021

本日、熊谷市議会公明党として、新型コロナウイルス禍で生活が困窮している女性に防災備蓄品の生理用品を無償配布するよう求める緊急要望書を、熊谷市の富岡清市長宛てに提出しました。

3月30日

熊谷消防署を見学させていただきました。

2021 2021 2021 2021 2021 2021 2021 2021

新型コロナ対策として「仮眠室個室化」等を行った熊谷消防署を見学させていただきました。
☆個室化された仮眠室の見学
☆高機能指令センターの見学
☆救急車内のオゾン消毒器及び自動心肺蘇生器の見学
☆ 緊急消防援助隊が使用する支援車の見学
※仮眠室の個室化は、他にも妻沼消防署、玉井分署でも行われています。
※高機能指令センターは、平成21年3月に設備を更新し、平成23年10月に行田市と消防通信指令事務の共同運用が開始となり、平成31年3月に設備を更新し、運用されているそうです。
※オゾン発生装置は、救急車内の消毒を20分で行い、救急車全車両に搭載されているとのことでした。
年度末のお忙しい中、ご案内いただいた熊谷市消防本部、熊谷消防署の皆様、大変にありがとうございました。

3月28日

大麻生連合自治会の定例会議

2021

大麻生連合自治会の定例会議に顧問として出席しました。
来月の総会に向けて、役員選任の件、総会までのスケジュールについて話し合いが進められました。
来月は新旧役員が集まっての総会、その後は新メンバーが加わって定例会議の開催となります。
私が顧問に就任してから11年になります。
それぞれの地域の課題に取り組んでいる自治会長の姿は素晴らしいと感じます。
退任される皆様お疲れ様でした。そして再任新任の皆様これからも宜しくお願い致します。

3月26日

赤城自治会館のお披露目会
農業委員会第32回総会

2021 2021 2021 2021 2021 2021 2021

赤城自治会館のお披露目会に出席しました。宝くじの助成金を活用して地元住民もお金を出資して完成した念願の自治会館です。
この会館を軸に地域コミュニティが広がっていくことでしょう。

2021 2021

午後は、農業委員会第32回総会が農業委員のみで開催されました。議案第1号から第7号について審議しました。次長から、次期 農業委員・農地利用最適化推進委員の募集状況の最終報告として、2月1日から3月8日までの間、募集を行った結果、  農業委員候補者24名(定員19名)  農地利用最適化推進委員候補者29名(定員28名) となった報告がありました。

3月23日

登校の見守りをしました。

2021 2021

登校の見守り、6年生から1年生で登校するのは今日で最後となりました。
先日、班長から見守り安全ボランティアの感謝状もいただきました。
もう、新たな班長に引継ぎもされています。
元気に成長していく子ども達をこれからも見守っていきたいと思います。

3月3日

熊谷市議会定例会

2021 2021 2021

熊谷市議会定例会本会議で全議案に対する質疑~委員会付託が行われました。

朝の登校の見守りで、とっても嬉しいことがありました。登校班の班長さんから見守りをしている方全員(4人)にミニホッカイロに貼られた「絵入りメッセージカード」がプレゼントされました。
絵の青色の服を着ているのは私だと思います。いつも見守りの時のジャンパーがこの青色でしたので。よく観察しているんだなぁと感心しました。

2月26日

令和3年第1回定例会が開会となりました。

2021

主な審議日程は下記の通りです。
◎2月26日
開会、市長の施政方針演説、全議案の上程
◎3月3日
全議案に対する質疑~委員会付託
◎3月10日,11日,12日,15日
市政に関する一般質問
◎3月18日
各委員長報告~採決
閉会

本日、一般質問の通告をしました。
今回は、
1.熊谷市人材育成基本方針について
 ~やる気を持ち成果が出せる体制づくりを~
2.災害時の避難所の混雑の可視化について
 ~分散避難を支援する取組~
の2点について質問致します。

※市議会を傍聴される方へのお願い
新型コロナウイルス感染症対策として、本会議場の傍聴受付にアルコール消毒液を設置しております。あわせて感染症等の予防のため、手洗いの励行や検温、マスク着用の上でお越しいただくなどのご協力をお願いいたします。

※詳しい日程はこちら

2月18日

青パパイア栽培の第一回の自主勉強会が開催されました。

2021 2021 2021

昨年7月の農業委員会総会で新規就農者から青パパイアの栽培の発表があったのがきっかけとなり、農業委員会の興味のあるメンバーが、青パパイアの栽培を行っている茨城県のやぎぬま農園の現地視察を行い、青パパイアの苗木を購入していましたので、実際に熊谷市で栽培を行っている大里の大久保さんから、お話を伺いました。

2月12日

公衆電話が設置されました。

2021

地元の自治会集会所敷地内にNTTの公衆電話が設置されました。大麻生連合自治会内で公衆電話が5ヵ所設置されるようです。
公衆電話は、2011年3月11日に起きた東日本大震災以降、災害時に有効な通信手段として重要性が改めて注目されています。
NTT東日本では、緊急時や災害時などに備え、総務省告示(設置義務)に基づき、継続的な設置維持活動に取り組んでいるようです。

2月10日

大麻生校区内を青パトで巡回しました。

2021

子ども見守りボランティアとして、大麻生校区内を青パトで巡回しました。
下校時の子どもたちに車の窓を開け「こんにちは!」と声をかけると、「こんにちは」と元気な声が返ってきました。
今年度、地元連合自治会として、グリーンベルトのある通学路に防犯カメラを設置しました。
防犯カメラの設置により、犯罪の抑止力、また犯罪の解決に繋がる情報、証拠としての効果を期待します。
※熊谷市では自治会が地域に設置する地域防犯カメラ等の設置に要する費用の一部を補助しています。

2月1日

ヤングケアラーを知ってますか?

2021 2021 2021

回覧板と一緒に「市報くまがや」「くまがや市議会だより」が届きました。
今回の市報の9ページに『家族の介護を担う「ヤングケアラー」をご存じですか?』というコーナーが掲載されました。
また、市ホームページに「ヤングケアラーを知ってますか?」が掲載されました。
「ヤングケアラー」という言葉を聞いたことのない方もいるかもしれません。
私は12月定例会の一般質問で、ヤングケアラーの理解と支援についてを取り上げました。(市議会だよりの10ページに掲載)

下記が市と市議会のホームページとなっておりますので、ご覧になってください。

くまがや市議会だより(62号)令和2年12月定例会

市報くまがや 令和3年2月号

ヤングケアラーを知っていますか?

1月29日

荒廃農地解消の取り組み

2021

荒廃農地解消の取り組みとして、農業委員として推進委員さんと一緒に農地の所有者宅を訪問し、お話を伺いました。
今後は、荒廃農地を再生し耕作していきたい、との意向を伺いましたので、「JAくまがやアグリサポート事業」をご案内し、JAの担当部署に話をつなぎました。

1月28日

第30回農業委員会総会

2021

第30回 農業委員会総会が開催されました。
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言期間中であることから、出席委員は農業委員(対象:19名)のみでした。
感染を防ぐため、3密を回避(1テーブルに1名)し、短時間での実施となりました。

1月22日

市議会定例連絡会日

2021 2021

私は2:30からの定例連絡会、全員協議会、熊谷食文化道の駅(まちづくり)特別委員会に出席しました。
全員協議会では、パブリックコメントの案件4件について担当課から説明がありました。
◎意見公募(パブリックコメント)は、政策等の案を事前に公表し、市民から提出された意見を考慮して意思決定を行うとともに、当該意見に対する市の考え方を公表することです。
▶現在、ご意見を募集中の案件
是非、皆様のご意見をお寄せくださいませ

1月15日

市のホームページに加筆していただきました。

2021

2日前に川原明戸でも火災の消火活動により赤水が発生し、復旧作業をしていただいた経緯がありましたので、市の担当課に連絡して、ホームページの文章に「地震やその他工事による振動、火災時の消火活動や大規模な漏水により」を追加していただきました。

1月12日

埼玉県庁に行きました。

2021

午後から、緊急事態宣言中ではありますが、提出期限もありますので、後援会収支報告を提出するために埼玉県庁の選管に行って来ました。
雪が降る予報でしたので、県庁内の道路には凍結防止剤が散布されていました。
私が訪れた時には、雨も雪も降っていなかったので助かりました。

1月6日

本年初の「青パト」の出動をしました。

2021

本日午前、熊谷市議会 会派公明党として、市役所本庁舎の各課をご挨拶に回りました。
午後から、本年初の「青パト」の出動をしました。
地域の見守り隊の一員として頑張って参ります。

1月1日

新春街頭演説を行いました。

2021 2021 2021

公明党市議団にて、籠原駅(北口、南口)、熊谷駅(南口、ティアラ口)の4ヵ所で新春街頭演説を行いました。
新年の抱負と決意を述べさせていただきました。
本年も、生活者のための政策の実現のため、党一丸となって、全力で働いてまいります。